単身引越しパックの料金、相場はどれくらい?

単身引越しパックの料金は、地域や時期、依頼する業者によっても変わるので一概に言えませんが、30kmくらいまでなら1万円強、中長距離の場合は5~6万円くらいが大体の相場のようです。
ですが引越し料金を安くするコツを知っていれば、この目安を下回ることもできます。
たとえば進学や単身赴任に伴う単身引越しパックは、引越しが決まったら即業者探しをするのが第一のポイント。
引越しの多いシーズンなので、料金の引下げ交渉だけでなく日程の調整も、予約が詰まる前の先手必勝が結果を大きく分けます。

準備が遅れがちな単身赴任の引越しは段取りよく

学生の引越しと比べ、単身赴任の引越しは準備が遅れがちです。
急に異動が決まり、少ない期間で段取りをしなければいけないことも多いためですが、そんな単身引越しでもポイントをおさえて進めると、料金を安く抑えられます。
特に3月、9月といった業者の繁茂期は、引越し日が決まる前から業者をおさえて大体の日程を伝えておかないと、希望日に予約できない事態になりかねません。
日中はなにかと忙しくても、ネットから一括見積もり依頼のサービスを利用すれば、時間帯を問わず業者の手配ができます。

初めてのひとり暮らしは要領よく引越し準備を

進学や就職などで初めて親元を離れてひとり暮らしをする場合、単身引越しの割に料金がかさんでしまうことがあります。
その原因は、引越しをする時の要領がわからないために、今の生活をそっくりそのまま新居へ移そうとするところにあります。
荷物の量は、いうまでもなく引越し料金に影響します。
そのため、もしかしたら必要かも…と何でもかんでも持っていこうとすると、その分料金も高くなります。
引越しの荷物は必要最小限に留め、新生活をはじめてから必要なものを揃えていくほうが良いでしょう。

長距離の引越しは大手業者に依頼したほうが安心

近場の引越しなら評判の良い地場の業者で良いのですが、単身引越しでも長距離の場合は、大手業者をおすすめします。
料金面でみれば、大手より中小業者のほうが低めです。
しかしスムーズに引越しを終えることを考えると、大手業者のほうが安心です。
全国ネットの大手業者は県外でも新居まで通して荷物を運んでくれますが、中小業者は他社と提携しての運搬になることがあるため、荷物の積替え時に破損や取違えなどのトラブルが起こらないとも限りません。
料金だけでなく、引越しの状況も考えて業者を選びましょう。

単身引越しパックだけで業者を比較するのはお得?

単身引越しの料金を安く抑えるには、単身者向けに用意された「単身引越しパック」の利用が有効です。
とはいえ、荷物の量はそれぞれ異なり、中には単身引越し用のコンテナに収まらないほど荷物が多い人もいます。
そんな荷物の状況を、その都度業者に伝えるのは大変ですね。
ダンボール無料のサービスもあるので、複数の業者に見積もり依頼ができるサービスは、こんな時にも便利です。
引越しに関する情報を一度入力するだけで、個々の状況に応じてどんなプランが一番お得なのか、さまざまな引越し業者からの提案を受けることができます。

このページの先頭へ